①コンソーシアムとしての人材育成策の方針と理念②コンソーシアムとしての人材育成策の方針と理念コンソーシアムの構想

①コンソーシアムとしての人材育成策の方針と理念

広範な物質科学領域と基礎、応用、実用化の全段階を俯瞰しつつ、ハイパフォーマンスコンピューティング技術を駆使して物質科学分野の課題発見と解決ができるデザイン主導による実証実験に資し、現産業の強化や新産業の創成に寄与でき、工業化社会から知識社会への産業構造の転換にもマッチする人材育成の環境を整備する。その対象として、 ①次世代研究者 先鋭化された材料科学・物性科学・分子科学の専門性に加え、物質科学全体の素養と社会受容や社会の要請を考慮したセンス(教養)とコミュニケ-ション能力、および、デザイン力を持ち、基礎から応用まで全体を俯瞰しつつ、ハイパフォーマンスコンピューティング技術を駆使した最先端の計算物質科学研究を進める次世代グローバルリーダーとなる若手研究者

②コンソーシアムとしての人材育成策の方針と理念

広範な物質科学領域と基礎、応用、実用化の全段階を俯瞰しつつ、ハイパフォーマンスコンピューティング技術を駆使して物質科学分野の課題発見と解決ができるデザイン主導による実証実験に資し、現産業の強化や新産業の創成に寄与でき、工業化社会から知識社会への産業構造の転換にもマッチする人材育成の環境を整備する。同時に、若手研究者の安定雇用につながる仕組みを構築する。その対象として、 ②イノベーション創出人材 計算物質科学の幅広い素養とハイパフォーマンスコンピューティング技術を持ち、かつ、長期インターンシップや海外のグローバルな研究機関等による所属機関以外の異なる研究環境を経験し、企業のニーズ等の理解や国際的な研究動向等を理解したポスドク(以下、本事業計画書を通じてPD)や博士課程(後期)学生(以下、本事業計画書を通じてDC)。

コンソーシアムの構想

材料科学・物性科学・分子科学・材料デザインを中核とする物質科学分野で世界をリードする東北大学、東京大学、自然科学研究機構分子科学研究所、大阪大学が事業実施機関となって、計算物質科学人材育成コンソーシアムを形成し、広範な物質科学領域と材料開発の基礎、応用、実用化の全段階を俯瞰しつつ、ハイパフォーマンスコンピューティング技術を駆使して物質科学分野の課題発見と解決ができる人材育成の環境を整備する。同時に、若手研究者の安定雇用につながる共同研究講座(部門)や社会人教育・産学連携による仕組みを構築する。